三朝四朝又朝朝

思ったことなどを徒然に・・・・・・
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
炉心溶融を震災当日予測ー初動判断のミスで事態深刻化か!?


今日はオフで、朝ゆっくりめに起きたら、こういう記事が・・・。

 経済産業省原子力安全・保安院が、震災当日の11日夜、東京電力福島第1原発事故に関して、3時間以内の「炉心溶融」を予測していたことが27日、分かった。また翌12日未明には放射性ヨウ素や高いレベルの放射線を検出、原子炉の圧力を低下させる応急措置をとる方針が決まったが、実現するまでに半日も要した。政府文書や複数の政府当局者の話で判明した。

菅直人首相は12日早朝、原子力安全委員会の班目春樹委員長と予定通り現地を視察。政府与党内からは、溶融の兆候が表れた非常時の視察敢行で、応急措置の実施を含めた政策決定に遅れが生じたとの見方も出ている。初動判断のミスで事態深刻化を招いた可能性があり、首相と班目氏の責任が問われそうだ。
(以上参照記事引用)

今更という感じもするけどね。首相の原発視察は当初から余計な事っとか言われてたし。
とりあえず、この記事の内容を時系列にまとめてみると・・・。

保安院は11日午後10時に「福島第1(原発)2号機の今後のプラント状況の評価結果」を策定。

その内容

・炉内への注水機能停止で50分後(11日午後10時50分)に炉内への注水機能停止で50分後に「炉心露出」が起きるだろう。
・12日午前0時50分には炉心溶融である「燃料溶融」に至るとの予測
・(12日)午前3時20分には放射性物質を含んだ蒸気を排出する応急措置「ベント」を行う。

評価結果は11日午後10時半、首相に説明

実際の推移首相動静―3月12日分も参照)

12日午前1時前には1号機の原子炉格納容器内の圧力が異常上昇。
4時ごろには1号機の中央制御室で毎時150マイクロシーベルトのガンマ線。
5時ごろには原発正門付近でヨウ素も検出
事態悪化を受け、東電幹部と班目氏らが協議し、1、2号機の炉内圧力を下げるため、ベントの必要性を確認、4時には保安院に実施を相談した。また菅首相は5時44分、原発の半径10キロ圏内からの退避を指示した。

12日6時8分、官邸で記者団にコメント発表。
12日6時14分、陸上自衛隊ヘリコプターで官邸屋上ヘリポート発。寺田首相補佐官、班目春樹原子力安全委員長ら同行。
12日7時11分、福島県大熊町の東京電力福島第一原発。
12日7時23分、東京電力副社長の武藤栄原子力・立地本部長による説明。池田経産副大臣同席。
12日8時4分、陸自ヘリで同原発発。

12日8時30分、東電がベント実施を政府に通報。
12日9時4分、作業着手。
12日午後1時45分、経済産業省原子力安全・保安院は、記者会見で炉心溶融(メルトダウン)の可能性を示唆。
12日午後2時30分、ベント実施 放射性物質を含んだ蒸気排出

12日午後3時、菅首相は各党党首との会談「今のところ、安全性に不安はない」と説明
12日午後3時36分、福島第1原発1号機で爆発事故
12日午後4時15分、各党党首との会談終了。
12日午後8時30分、記者会見。

こうして見ると、ホント12日の午前6時から8時過ぎまでの首相の動きが無駄だよね。

東電と保安院は4時にはベントの実施を相談しているから、その内容は当然首相にも伝わってるはずだし、だからこそ、首相は5時44分に半径10キロ圏内からの退避を指示できたわけだろう。

ということは、午前4時くらいから作業着手の9時までの5時間が無駄になっちゃったわけだよね。
4時から作業着手し、その間、退避の指示などが同時進行してればね・・・。爆発事故も防げたかもしれない。

こういう写真や映像を撮らせるためだけのパフォーマンスだったとしたら腹が立つ。
首相は野党との党首会談で、自分が如何に危険なところを見に行って指示を下したかって得意気に言ってたんだろうなぁ・・・うーむ腹が立つ!



こういう内容が今更のように今頃出てくるってことは、どういうことなんだろう?

政府と保安院と東電で責任の擦り合いが始まってるっていうことかな・・・。
枝野官房長官は26日の記者会見で「東電側に情報を出させることが(政府の)なによりの役割だと思う。さらに厳しく指導していかなければならないとの認識を持っている」と、これまた今更のように言ってるし。
確か合同対策本部を設けてたはずでしょうに。
それで26日の発言をするなんて・・・おかしすぎる・・・。

と同時に、もっと悪いことが起きてるってことなのかな・・・。
そのための責任の擦り合いが改めて始まったということも考えられるし。
プルトニウムの計測とかしてないらしいね・・・。

後から、こういうニュースも配信されていた・・・。

東電は28日未明の会見で、1〜3号機の圧力容器の破損の可能性について初めて言及した。注水を続けても圧力容器が満水になっていないとみられる上、放射性物質を含んだ水がタービン建屋の地下まで流れていることが理由という。

責任の擦り合いなんて、事態が収束してからでも十分できるから、今は総力を結集してもらいたいよ。

追記

総理「少し勉強したい」と原発視察

 政府の原子力安全委員会の班目(まだらめ)春樹委員長は28日の参院予算委員会で、東日本巨大地震発生の翌12日に菅首相が東京電力福島第一原子力発電所を視察したことについて、「首相が『原子力について少し勉強したい』ということで私が同行した」と明らかにした。
 首相は12日朝、ヘリコプターで同発電所を訪れ、約50分滞在して東電職員らから状況の説明を受けた。

おいおい!枝野官房長官は当時の会見で「東電は弁開放を言ってきているが、総理が専門知識をお持ちなので視察してから対応を決める。場合によっては、その場で指示を出すこともある」 と発言したはずでは?

何かもう無茶苦茶。
福島の「震災・津波」の被災地は今も手付かずのまま。
食品や飲料水の放射性物質について規制値緩和へ
 
 食品や飲料水に含まれる放射性物質について、内閣府の食品安全委員会は25日、暫定規制値の根拠となっている健康への安全性の許容範囲を広げる方針を固めた。これを受け、厚生労働省は現在より緩やかな規制値を策定する見通し。暫定規制値は厚労省が17日に急きょ策定。
(以上参照記事引用)

またまたまた、この暫定規制値です。

悪い予想が当たりそうで怖い。

「安全性の許容範囲を広げる方針」ってことは、規制値の値を上げることでしょう。

規制値とかっていう基準になる数値は、そう簡単に上げ下げするものでもないと思うけどね。

特に許容範囲を広げるってことは、言い換えれば、今後ますます悪い状態になることが予測されるってことだろうからね。
つまり、福島第1原発に関して長期戦となると政府は判断したわけだよね、これは。

まぁ、それでも「直ちに」健康に悪い影響を与えるものではないだろうけど・・・。

今後、「○○から検出された放射性物質の値は規制値の○倍です」っとかの報道は、元の規制値の何倍になるんだろうとか思って不安を煽られる。


枝野官房長官も「人体に影響が出ることはないと言ったが?」という質問に
「その時点で出ているさまざまな状況からは、現時点で出ることではない。ただし、今後の見通しについて、私は断定的なことはこの間、申し上げてきていないし、・・・」
(太字参照記事引用)

と答えているけど・・・。
この答え方もズルいよね。「ただし」以降の発言内容は、微妙に「健康被害」のテーマから原発問題全体にすり替えてる。
もっとはっきり答えるべきでしょう。
そうしてこそ、水道水や食品についてのいらぬ風評被害を抑えられるじゃないかな。

それにしても、報道に上がるのは8日が半減期の放射性ヨウ素ばかりだけど、その他の放射性物質もきちんと測定してるのかな。
暫定規制値をめぐる政府のやり方やマスコミの報道を見てると、何だか信用しずらいし・・・。
水道水や野菜などから放射性物質が検出されてるようだけど・・・
JUGEMテーマ:社会の出来事
 
福島原発の事故以来ニュースなどでよく耳にするようになった単位がベクレルとかシーベルトですね。日本中に原子力発電所があるのに放射線のことなど全く知らなかった。反省しなければ・・・。

で、今更だけど自分で確認するための簡単なまとめ

ベクレルシーベルトは放射能とか放射線とかについての単位。

では、放射能と放射線の違いは・・・。

放射能は放射線を発生させる能力で、その能力を持っている物質を放射性物質。
だからニュースなどで「放射能漏れ」とかあるけど、能力だけが漏れることはないですよね。正確には「放射性物質漏れ」というところでしょう。
これは私個人の感覚かもしれませんが「放射能」って聞くと、おぞましく恐ろしげな感じがするから不思議。この「ノウ」っていう語感が恐ろしげに聞こえるのかな?

具体例として、懐中電灯は電池や電球という部品があり、それで光を発生させることができるけど、懐中電灯=放射性物質電池や電球=放射能光=放射線

放射能を測る単位がベクレル。放射線を測る単位がシーベルト。
注意しないといけないのは、毎時とか毎年とかだよね。1時間当たりの値なのか1年単位で言っているのかで変わってくるからね。
ベクレルは量単位みたいですね。1kgあたりとか1リットルあたりとか。

別の例、財布にお金があって物を買える。財布=放射性物質お金=放射能物を買える力=放射線、ということか・・・。

Aさんの財布、100円玉10枚の合計1,000円
Bさんの財布、500円玉2枚の合計1,000円

Aさんの財布(放射性物質)コイン10枚(放射能)1,000円の物を買える力(放射線)を出せる。
Bさんの財布(放射性物質)コイン2枚(放射能)1,000円の物を買える力(放射線)を出せる。

枚数ベクレルシーベルトってな感じかな。

この財布は普通の財布と違い時間が経つにつれコインの枚数が減っていくという性質があり、半分に減る時間を半減期という。
半減期は、放射性物質の原子の数が半分になるまでの時間。

例えば、Aさんの財布は8日で半分に減り、Bさんの財布は30年で半分に減るということ。
本物の財布にこういう性質があれば嫌だけどね・・・。

水道水やら野菜などから検出されてる放射性ヨウ素131というのは8日で半分になるとのこと。また8日経てばその半分・・・ということは16日で当初の1/4になる。

ベクレルからシーベルトを割り出す計算はこちらが便利。

で、放射線が人体に与える影響を直感的に把握するのに便利なのがこのチャート
有志の方が日本語訳していただいたようです。感謝ですね。

こういうのを見ると、事故現場で作業されている方々以外の普通の人々は、今のところ恐れるに足らずということがよく分かります。

枝野官房長官も記者会見で「ただちに害を与えるものではない」とか言葉で説明するより、実際に会見場に野菜を運び込んで「これだけ食べれば、ちょっと危ないです」などとやってくれれば分かりやすいのにね。
で、「この野菜はこの後官邸スタッフ全員でおいしくいただきます!」とかやればね・・・。
私もそうだけど一般庶民は専門家のように科学的計算なんてしないし、もっと感覚的なのだろうからね。

東京都はすぐさま乳児がいる家庭を対象にミネラルウオーターの配布を始めたり、石原都知事が水道水をガブのみしたりして頑張ってると思いますよ。

日本政府もどうせパフォーマンスするなら、実のあるパフォーマンスをしてほしいよ。外国メディアもそういうのをこぞって取り上げるだろうしね。今のままでは日本中の食品がヤバイってな風評被害がひろがるだけだよ。

日本人からすれば、福島から東京とか関西とか四国や九州の距離感はだいたい分かるし、まだまだ大丈夫って感覚がつかめる。
でも、世界地図を見る外国の人々は「フクシマ!トウキョウ・・・チカイ!ヤバイ!」ってな感じになるんじゃないだろうか。

専門外のことは感覚的・感情的、それが人間だろうと思うけどね。
東京で水が売り切れ・・・水道水に放射性物質(WHO飲料水水質ガイドライン)

参照記事

東京都内に水道水を供給する浄水場から放射性ヨウ素が検出され、その値が乳児が飲む規制値の2倍を超えたことが発表されたことが原因ですが・・・。

で、枝野官房長官は23日午後5時すぎに記者会見して「必要な分を超えて水を買い求めることは自粛して頂くとありがたい」と言ったようだけどね。

大人や子どもにはそれほどの影響はないとはいうものの、人情としては飲みたくはないよね。当然「安全な水」の確保に走るのは明らかでしょ。

なんだか政府が不安を煽っているようにしか思えない。

なんらかの対策を講じてから発表すればいいのに。例えば、大人はペットボトル一本までとかさ。母子手帳を持っているお母さん優先とかね。そういう何らかのガイドラインも同時に示せば良かったのではないかな。

そういうのが明示されていれば、大の大人がペットボトルを何本も抱えて買うのは恥ずかしいから買い控えるだろうし、お店側も注意しやすくなる。

買占めが終わった5時過ぎに「お願いね」って言ってもね・・・。

ところで、ミネラルウォーターを使って粉ミルク溶かしてっていうのは乳児には体の負担になるようですね。こういうのもきちんと広報しているのかな?乳児を抱えるお母さんには常識的な知識かどうか分かりませんが、こういうことも併せてお知らせするのが担当大臣のお仕事だと思うのですが。担当大臣誰だっけ?

と思っていたら、蓮舫消費者相も呼びかけていたんですね。

参照記事

でも、そこでミネラルウォーターと粉ミルクの件も注意を促したのかな?
参照記事では触れられていないので分かりませんが・・・。

それから、この規制値・・・。

水道水の放射性ヨウ素の基準値については、厚生労働省は21日、1歳未満の乳児については、基準値を通常の300ベクレルよりも厳格化し、100ベクレルとすることを決め、全国の自治体に通知した、とのことですが・・・。

でもね・・・。

東京都水道局の平成23年3月17日の報告(放射性ヨウ素検出前だよね、これは)には・・・

当局では、これまでも放射能の測定を毎年実施してきましたが、福島第一原子力発電所において放射性物質漏洩事故が発生したことから、臨時に測定を行いました。その結果、当局がお客さまにお届けする水道水の放射能の測定値は、これまで測定してきたレベルと同程度であり、問題はありません。
 なお、今後も継続して測定を行い、結果をホームページでお知らせします

おーっ、都民の皆さんに安心・安全な命の水を届けるためにきちんとお仕事されていらっしゃいますね。

測定結果はいずれも、人が一生涯にわたって水道水を飲み続けても健康影響が生じないレベルを示しているWHO飲料水水質ガイドライン(第3版)の値注1を下回っています(解説を参照)。

そっか、国が基準を設けていなくてもWHOの基準に準拠しているわけだ。ますます安心!
ふむふむ、注意書きの1番にWHOの水質ガイドラインが書かれているわけね。どれどれ。

(注1) WHO飲料水水質ガイドラインの値は、全α放射能では0.5Bq/リットル、全β放射能では1Bq/リットルです。
(注2) 金町浄水場における過去20年間の測定値は、0.0〜0.5Bq/リットルです。
(注) Bq(ベクレル)/リットルとは、水1リットル中の放射性物質が放射線を出す能力を表す単位です。

おーむちゃ低いやん!安心・安全な水道水!(この日まではね・・・)

ふむ?待てよ!放射線ヨウ素が全α放射能なのか全β放射能なのか分からないけど、過去20年の測定値0.0〜0.5Bq/リットル、厚生労働省の21日通達の基準値が300Bqで乳児は厳格化して100Bq・・・。

おい!厚生労働省っ!
どこが
厳格化しとるねん!むっちゃ上げとるやないか!
それで
乳児は厳格化とかよー言うわ!


それで23日に、金町浄水場(葛飾区)の水道水から乳児向けの飲用基準の約2倍に当たる210ベクレルの放射性ヨウ素131を検出したって発表されたけど。

何が2倍やねん!基準をむちゃ上げといての2倍って・・・。
過去20年間の測定値は、0.0〜0.5Bq/リットルなんだぜ!
WHO飲料水水質ガイドラインの値は、全α放射能では0.5Bq/リットル、全β放射能では1Bq/リットルなんだぜ!
食品の基準といい、こんなんばっかりかよ。

厚生労働省でも枝野官房長官でも蓮舫消費者相でも誰でもいいから説明してよ。(あっ総理はもういいです)
食品暫定基準は適正か 食品安全委が評価作業に着手

またまた食品暫定基準(規制値?)についてです。

参考記事

『内閣府の食品安全委員会は22日、農畜産物から放射性物質(放射能)が検出されたことを受け、政府が急遽(きゅうきょ)設定した出荷規制の暫定基準値について、科学的な合理性があるかどうかなどの評価作業を始めた。食品から摂取する放射線量が健康に与える影響について評価を行い、1週間をめどに検討結果をまとめる。』上記参考記事引用

前々回の記事で触れたやつだね。つまり、17日に決めた暫定規制値についてでしょう。

・・・科学的な合理性があるかどうか?

おいおい、17日の暫定規制値って科学的合理性の評価なしで決めたの!?

『委員会では、厚生労働省の担当者が暫定基準値の設定や、基準値を超えた農畜産物の出荷規制の経緯を説明。放射性物質の専門家を招き、意見を聴くことで合意した。』
上記参考記事引用

うーむ、17日の暫定規制値って、確か『原子力安全委員会が「指標」を示し、厚生労働省食品安全部長名で17日、全国の都道府県知事に通知された。』わけでしょ!?
この記事から引用)

原子力安全委員会って放射性物質の専門家ではなかったのか・・・!?

それなら17日の暫定規制値を決めるときに、食品安全委員会に放射性物質の専門家を招いて決めればよかったのでは!?
これで1週間後に基準値が変わったりしたら、何を信じていいのか分からなくなるよ。
「ただちに健康を害するものではない」なら、慌てて17日に暫定規制値っていうものを決めず、最初から手順を踏んで食品安全委員会を召集して放射性物質の専門家を呼んで、ビシッと1回で決めればよかったのでは?

こういう慌しいやり方っていうのが一番不安を招くのじゃないのかな。

放射性物質が漏れてるのも分かってたし、国内の食品に対して放射性物質の基準がないのも政府は分かってたはずでしょ。

17日に暫定規制値を通知→22日食品安全委員会が暫定基準値の評価を始める。

あっ、3連休があったからだね・・・やっぱり土日祝日はしっかり休まないとねって・・・そんな馬鹿なっ!

蓮舫消費者・食品安全担当相は閣議後の記者会見で「今回は非常時だ。特に迅速に評価結果を出すよう指示した」と述べた。
この記事から引用)

っていうお言葉が何だか虚しく聞こえるけど。

せめて18日からでも評価をはじめんかいっ!

<福島第1原発>農産物出荷停止 風評被害拡大抑える狙い・・・前の記事の訂正

前に書いた事ですが、そもそも食品衛生法による放射性物質の規制値そのものが無かったようですね。

参考記事

それなら最初からそうふうに発表して説明すればいいじゃん。

「ホウレンソウから規制値の12倍」とかの発表で、規制値ってのが元々あって、今回の事故でその12倍が検出されたと思ったよ。それで気になって、野菜の規制値を見たら1キロあたり2,000ベクレル。他の値を見たら200とか300ベクレルだし、やけに野菜の放射性ヨウ素の規制値だけが高いよな・・・と思い、他の参考データを探し、輸入食品のがあったので見たらセシウム134とセシウム137の放射能濃度が1キログラムあたり370ベクレルとあったしね。それで、1キロあたり300ベクレル前後が妥当な値かと思ってしまった。
で、公表前の17日に野菜だけ、それも放射性ヨウ素だけ値を突然上げたのかよ!とか勘ぐってしまった。

ということは、野菜の放射性ヨウ素の暫定規制値1キロあたり2,000ベクレルっていうのは、今回の事故を受けて急遽決めた値であり、ある意味、ギリギリ安全な値ってことで解釈していいのかな?

そもそも通常の状態で野菜などの食品に含まれる放射線量ってどれくらいなんだよ。それを基準にしてほしい。

まぁ、放射線計測の調査費も事業仕分けされてたようだしね・・・。

その議事録

というわけで、前の記事の前半で誤解のある表現をしたことはお詫びいたします
正確には「食品衛生法による放射性物質の規制値そのものは元から無く、今回の福島原発の事故を受けて急遽暫定的に規制値が決められた。前からあった規制値を上げたわけではない」ということです。

でも、記事の後半の政府や国会議員や官僚への思いは変わりません。
北茨城市のホウレンソウ、ヨウ素検出 規制値の12倍
JUGEMテーマ:気になったニュース

以下、朝日新聞の記事から

 『茨城県は20日、福島県境の北茨城市で18日採取したホウレンソウから、食品衛生法上の暫定規制値の12倍に相当する、1キロあたり2万4千ベクレルの放射性ヨウ素131を検出したと発表した。放射性セシウムも暫定規制値を超える同690ベクレルを検出。また、同じ日に北茨城市内で採取したネギからは暫定規制値より低い同350ベクレルのヨウ素が検出されたが、セシウムは検出されず、キャベツからはヨウ素、セシウムとも検出されなかった。・・・

 野菜類の暫定規制値はヨウ素が同2千ベクレル、セシウムが同500ベクレル。県原子力安全対策課によると、検出された濃度のホウレンソウを、日本人の平均的な年間摂取量で1年間食べ続けても、被曝(ひばく)量は胸部CTスキャン検査1回分の3分の1程度。「人体に影響を及ぼす程度ではない」という。県南東部の神栖市のピーマンと県南西部の八千代町のレタス(いずれも17日に採取)も分析したが、ヨウ素、セシウムともほとんど検出されなかった。』引用終わり

日本人の平均的な年間摂取量で1年間食べ続けても「人体に影響を及ぼす程度ではない」ということなので大丈夫なのでしょう。ホウレンソウを1年も食べ続ける人なんていないでしょうし。

でも・・・。

17日に放射線の暫定規制値を変えてるのでは?

放射性ヨウ素のうち野菜だけ2,000ベクレルと突出して高いと思うのは私の気のせいかな・・・。17日以前の放射線の暫定規制値はどれくらいだったのでしょうか。

ちなみに輸入食品の規制値は

輸入食品に対する国の取組み

『国では、放射性物質によって汚染された食品の国内への流入を防ぐため、セシウム134とセシウム137の放射能濃度が1キログラムあたり370ベクレルという判断基準(暫定限度)を設定し、この暫定限度を超える食品については国内に輸入させない措置を講じています。』引用終わり

となっているようですが。

福島原発の人災事故で一時的に周辺の放射線量が高くなったりするのは分かる。
政府の言う「ただちに健康に被害を及ぼすものではない」というのも理解できる。
でも、こういうやり方って納得できないよ。あたかもホウレンソウの放射線含有量の倍率を出来るだけ低く抑えるかのようなやり方と言えるんじゃないの。
それとも17日の暫定規制値の発表っていうのは偶然だったのかな?
一種の情報操作じゃないのかな。風評被害を抑えるためだとしてもね。
どういう意図があってこうなったのか分かりませんが・・・。
野菜の放射性ヨウ素が2,000ベクレルという規制値となっているのか説明してほしい。

命を張って現場で頑張っている消防や警察や自衛隊の人々がいる。
自分の仕事に対する誇りや使命感があるからこそ出来ることでしょう。

国会議員の中には、手持ちぶたさで何をしていいか分からない議員がいる。

こういう時こそ、そういう議員たちは、例えば「議員食堂の食材は原発周辺の農作物を優先的に使おう!」とか言ってもいいんじゃないの?菅首相も人事の件で野党の党首にいきなり電話するより、こういう案件で電話して超党派の運動をすればいいと思うけどね。そうすれば周辺農家や畜産農家の皆さんに及ぼす風評被害や実害もある程度抑えられると思うのだが・・・。
今度は、政府や国会議員や官僚の使命感や誇りを見せてほしい。
もちろん暫定規制値を超えた農作物まで食べろとは言いません。それは出荷規制も仕方ないと言うか当然だと思います。
でも、規制値内のものはね・・・。

大津波で流される家々やクルマにも涙しましたが、きちんと手入れされた田畑が津波に飲み込まれていく様子も衝撃でした。
自然災害による被害はどうしょうもないですが、人災による被害は出来るだけ抑えてほしい。
菅首相が防大卒業式で訓示したようですが・・・
JUGEMテーマ:ニュース
 
時事通信 3月20日(日)13時24分配信

この記事によると、首相は「この大災害に自衛隊は全組織を挙げて、過去にない規模で救援活動を展開している。私は、危険を顧みず死力を尽くして救援活動を続ける自衛隊員を誇りに思う」とたたえたようですが・・・。

うーむ、まず卒業式に首相自ら出席する必要があったか疑問です。被災地や福島原発の状況が落ち着いたわけでもないのに。代理で十分だったのではないでしょうか。それかビデオメッセージという手もありますしね。

次に、上の言葉をかけるに相応しい相手が他にたくさんいるように思います。
最前線で死力を尽くしている消防・警察・自衛隊・・・彼らにこそ激励と感謝の言葉をかけるべきでしょう。

まぁ、総理大臣に就任したとき、自分が自衛隊の最高指揮官であるという自覚もなかったようだしね。

プロ野球はとりあえず西日本で
 
 参考記事

プロ野球のセ・リーグが予定通り25日の開幕を決めたことに対して、経済産業相の海江田さんは「(電力使用量が多い)東京ドームではなく、需給が逼迫(ひっぱく)していない地域で開催するなど工夫してもらえるとありがたい」と言ったようだが、その通りでしょうね。

東北電力や東京電力の管轄外の地域で開催すればいい。
あまり何でも自粛してしまうのも経済活動の水準が下がるし、かと言って、節電を求められている地域でやってもね・・・。
17日の東電の電力最大供給力が3350万キロワットに対し、電力需要量は一時3330万キロワットに達したようだから・・・。

日程の変更や選手たちの移動のため開幕が少々遅れてもいい。
試合前にチャリティをやったりして、四国などで開催すればいいのでは?と思う。

それにしても福島原発なんとか無事収束してほしい。
最前線で頑張っている職員や警察・消防・自衛隊の皆さん、頑張れ!

蓮舫消費者・食品安全担当相、コンビニ視察
JUGEMテーマ:地震 災害 被災 物資 安否 医療 支援

今夕のニュースで見たけど、蓮舫さんが東京千代田区のコンビニを視察した模様。

どうやら買占め問題のための視察のようだけど・・・。
千代田区のコンビニを見ても仕方ないと思うのだが・・・。
実際、そこのお店は品物が豊富にあったようだしね。
その後、ニュースは築地市場での取材の様子を紹介していたが、市場には豊富に物があふれていた。

結局、計画停電→電車止まる→足としてのクルマに集中→ガソリン不足→物流滞る→市民は近所のスーパーやコンビニで買いだめするしかない、っていう流れになってしまっただけだろう。
それなのに、最後の「買いだめはひかえろ」ってだけを言ってもしょうがないでしょうに。
それより、ガソリンの供給不足の解消時期とか今後の電気の需給の予測やら被害を受けた発電所の復旧時期とかなどを詳細に説明してくれた方が市民も安心して買い物できるだろうに。
それが節電啓発担当相として、より重要な仕事じゃないだろうか。
わざわざ貴重な時間を割いてコンビニなどへ視察に行かなくても、ある程度の時間が経てば・・・

近隣の系列店舗でもおにぎりなどは比較的残っており、「前日夜から徐々に商品が入り出している」(セブン―イレブンの広報担当者)と説明している。
引用元の記事

・・・となるのだし。

それよりも避難所の物資の欠乏をなんとかすべきでしょ。

初期の段階で、連絡専任の自衛隊員を各避難所に配置して、その隊員が担当の避難所の要望を対策本部なりに連絡し、必要な物を必要なだけちゃちゃと送るようにすればいいと思うが・・・。道路の寸断などで孤立しているところは空挺部隊が空から舞い降りるとかね。前線と司令部の情報交換なんて彼らなら訓練でやってるはずだし。

だから、メーカーが乾電池などを大量に政府に送っても「自治体や避難所からの要望がないから現地へ送らない」なんていう状況になる。
「買占めてんのは政府じゃないかよ」って言いたくなる。
ホント、どうかしてるぜ!

↓そのニュース

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.