三朝四朝又朝朝

思ったことなどを徒然に・・・・・・
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
原乳、基準値下回る 県の放射性物質調査
 
2011年04月09日 09時50分配信

県は8日、原乳の放射性物質の検査結果を発表した。
今回から、乳業工場や貯留施設単位でサンプルを採取した。
県内の10工場・施設と5農家から採取した全てが食品衛生法の暫定基準値(1キロ当たり放射性ヨウ素300ベクレル、放射性セシウム200ベクレル)を下回った。
原乳の検査は2回連続、県内全域で暫定基準値未満だった。


これを読むと、乳業工場単位とか貯留施設単位で検査されているようですね。
まぁ、生産ラインにのる大元の原乳を検査しているので問題ない、ということでしょうか。

でも、何故初回と検査方法を変更したのか・・・。
初回の検査方法は、産経新聞のニュースから読み取ると明らかに戸別調査していたようですね。
今回からは、乳業工場単位とか貯留施設単位での検査方法となったようです。
この福島放送のニュース記事も「今回から」との記述がありますしね。
それで、産経のニュースでは「乳業工場単位」とか「貯留施設単位」のことを「混ぜて」と表現したということか・・・。

うーむ、規制値を超える商品は市場に出回らないので大丈夫なのでしょう。

今回からの検査方法が合理的と言えば合理的なのでしょうが、それなら最初から乳業工場単位とか貯留施設単位で検査すればよかったのでは?
何故検査対象を戸別から変更したのか、その経緯を知りたいものですね。

この食品衛生法の暫定基準値自体が元々3月17日の厚労省の通達によって急遽決められた「暫定」のもので、従来より値は高くなっているのでね。

放射性物質検査で天栄村の牛肉が再検査となったことについて、厚生労働省は8日、牛肉を包んでいたビニール袋に付着した放射性物質が原因だったと発表した。
(上記福島放送のニュース記事から引用)

牛肉自体には放射性物質がなかったようですね。

でも、それを包むビニール袋が原因って・・・。
そのビニール袋は野外に野ざらしにしてたわけではないでしょう。
倉庫とかの屋内にきちんと保管していたビニール袋を使ったと思うけど、それから検出されるって、それはそれでヤバイでしょうに・・・。
ビニール袋の追跡調査も必要ではないかな?
原乳の放射性物質、基準値下回る・・・福島県は何がしたい?
 
産経新聞 4月9日(土)0時6分配信


 福島県は8日夜、福島第1原発事故を受けて、7日に実施した原乳の緊急時モニタリング検査(4回目)で、放射性ヨウ素、セシウムが暫定基準値を上回った検体はなかったと発表した。

ほう、よかったよかった。

 県によると、今回から検査方法を改め、前回(3月29日)に暫定基準値を下回った市町村の原乳は戸別検査をせず、県内10の乳業メーカーなどが、他の市町村産と混ぜた後の原乳で測定した。

なになに、えーっと、混ぜて検査って・・・

 県は、約1週間後に予定する次回検査で、基準値を上回らなければ、国と調整して出荷制限を解除していく構えだ。

これって・・・よくないよね。
こういう検査方法は、福島県の原乳全体の評判を落とすことになるだけでしょう。
福島県自体が己の評判を落とすことしてどないするんじゃ!
放射線が検出されていない他の市町村が可哀相過ぎる。

暫定規制値を超えた市町村産の減乳はしっかり個別検査して隔離しておかなきゃ・・・。
で、それは個別に継続的な検査しなきゃ意味ないでしょうに。
考えてること分からん。
福島第一原発、昨夜の地震による異常なし・・・しかし・・・

7日の余震は大きかったですね・・・。
これで地殻も落ち着いてくれるといいのですが。

で、心配なのが原発ですが、新たな異常は発生していないようです、が・・・。

 ただ、1号機の格納容器内の放射線量が上昇しており、計測装置の故障や窒素注入による影響の可能性も含めて、原因を調査している。

 東電によると、燃料が露出している1〜3号機では、地震発生直後は炉内圧力などに変化はなかった。1号機の格納容器内の放射線計測値は、8日午前6時現在で毎時100シーベルト。7日午後9時には毎時31・1シーベルトだった。
(2011年4月8日12時28分  読売新聞

とのこと。

ミリシーベルトじゃなくてシーベルト・・・。
うーむ・・・高い・・・。
この上がり方を見ると、異常だよなぁ。

記者会見で東電は「計器の故障」という見方をしてましたが、どうもね・・・。

計器故障じゃなければ、どういうことが考えられるのか?
そういう可能性もマスコミは聞いてくれよ!
なんで、そのへん突っ込まないのか不思議。

余震直後の0時に100sv/h、6時に187sv/h、15時現在は68.3sv/h、っていう情報もあるしなぁ・・・。

こういう推移が計測できてるなら、計器の故障って言えるのかな?
相変わらず説明不足だし、マスコミも突っ込まないよね・・・。
気象庁、放射性物質拡散予測を公開
 
 東京電力福島第一原子力発電所の事故で、気象庁が放射性物質の拡散予測を連日行っていたにもかかわらず公開していなかった問題で、同庁は5日、拡散予測を初めてホームページで公開した。

(2011年4月5日20時51分  読売新聞 より引用)

指示されてって・・・政府がストップかけてたんじゃないの???

で、気象庁のホームページへ見にいったんだけど、どこに載っているのか良く分からないよ!

IAEAからの要請と当庁が作成した資料一覧にあるPDFファイルがそれっぽいようだけど・・・。

不親切な掲載の仕方だよね。
これじゃ宝探しみたいだよ。
それに英語のままだし・・・。
公表するなら分かり易くしてほしい。
この分かりにくい掲載も政府の意図が絡んでるのかと邪推してしまうよね。

で、これって原発が爆発した3月中ならともかく今頃見ても意味があるのだろうか。
まぁ、公表しても問題ない時期になったし、これくらいは公表しておけって感じなのかな???

この読売新聞の記事の図解も一見すると「えっ!」と思うけど、単位を見たら「たいしたことないんじゃない」って感じだしね。
そもそも「原発からの放射性物質放出量などが不明なことから、同原発から1ベクレルの放射性ヨウ素131が放出されたと仮定して計算したとのことなので信頼性ないような・・・。

計算の前提が上記の通りなので、じゃぁ実際はどうなのかって疑問に思うだけ。


で、気になるのがこちらの毎日新聞の記事

「より詳細な政府の予測システム「SPEEDI」の情報は、1度公開されて以降は非公表というちぐはぐな対応となっている。」

というところ。

結局「SPEEDI」の詳細な予測システムの情報を政府が隠したいから、気象庁のあまり意味のない情報を公表させたって感じだよな。

このSPEEDIって文部科学省管轄で同ホームページによると「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI:スピーディ※)は、原子力発電所などから大量の放射性物質が放出されたり、そのおそれがあるという緊急事態に、周辺環境における放射性物質の大気中濃度および被ばく線量など環境への影響を、放出源情報、気象条件および地形データを基に迅速に予測するシステム」らしい。

そんなにすごいものなら、こっちを公表してほしいよ。

気象庁放射線物質の拡散予測の公表を政府が止めていた・・・。

読売新聞 4月4日(月)16時46分配信 から引用

 東京電力福島第一原子力発電所の事故で、気象庁が放射性物質の拡散予測を連日行いながら、公開していなかったことに関し、枝野官房長官は4日午後の記者会見で、「少なくとも隠す必要のない情報。誤解を生まない説明を付けて、公表すべきだった」と述べた。


食品に関する放射線の暫定基準値とか出荷制限とかもそうだけど、どうも政府やり方を見ていると不安を感じる。

風評被害とか心配するあまり、政府自らが風評の元を作ってる気がしなくもないよね。
官房長官も「少なくとも隠す必要のない情報」とか発言するかね?
隠してるのもありますよって言っているようなものだよね。
もちろん公表しない方がよいとものもあるだろうけど、この部分は余計な発言だよ。
敢えて言う必要のない言葉だね。

この放射性物質の拡散にしてもね・・・拡散していることは、みんな分かってるんだしね。
それを敢えて公表しないから「何かヤバイことを隠してるじゃないの?」って考えてしまう。
だからフランスとかドイツとかの外国の公表している予測をわざわざ探して見たくなるし・・・。
それに、諸外国も何故日本政府は公表しないのか疑心暗鬼になるだろうし。

最初から公表していれば何の問題もない。
拡散予測を見て、外出する必要の無い人は「今日は外へ行くの控えよう」とか個人で判断できる。「直ちに健康を害するものではない」ことは分かってるけど、あえて放射線物質を浴びる必要もないのだからね。

そういう判断材料が最初からちゃんと提供されていれば、それは「安心」の材料ともなるはず。関心の無い人とか気にしない人は見ないだけだろうしね。

結局、風評被害って、その大部分は情報不足が原因ではないだろうか。


こちらで外国の拡散予測を見ると、明日5日から7日にかけて西日本にも放射性物質が拡散する可能性があるようですね。
気になる人は、マスクをしたり外出を控えたりした方がよいかもしれませんね。
首相が被災地視察・・・「何とか直人がくれたのかと思った」と冗談も
JUGEMテーマ:気になったニュース

首相が被災地視察


 菅直人首相は2日午前、東日本大震災に伴う津波で甚大な被害を受けた岩手県陸前高田市を訪問した。首相は、陸上自衛隊の指揮所が置かれている市役所仮庁舎で戸羽太市長や達増拓也知事から被災状況の説明を受けた後、避難所がある市立米崎小学校の体育館や、被災現場を視察した。

その場にいた約20人の消防団員に対し「少し長い戦いになるが、政府も最後の最後まで一緒になって頑張るので皆さんも頑張ってください」と声を掛けた。

首相は避難所で両膝をついて被災者に話し掛け、「物資が届かない状況はどうなっていますか」と質問したり、「国もしっかり対応する」と励ましたりした。
(以上参照記事から引用)

被災者の声


杉良太郎さんが炊き出し

 俳優の杉良太郎さん(66)が2日、東日本大震災の津波で大きな被害を受けた宮城県石巻市雄勝町大須の避難所を訪れ、炊き出しをした。
 避難所の同市立大須小学校には被災者約600人が集まり、温かい手作りの食事を味わった。会社員阿部桂子さん(58)は「震災後はおにぎりやパンだけで、温かい食事は久しぶり。本当においしい」と涙ぐんだ。
 杉さんは、支援物資などを積んだ車12台で1日に宮城県入り。3日までに5000人分の食事のほか、下着や歯磨きセットなどの生活用品などを配る予定という。
(以上はこの参照記事から引用)

阪神・淡路大震災をはじめ様々な被災地の支援活動をされている杉さん。支援活動のベテランですね。頭が下がります。今回の支援活動も十分に下調べをした上で石巻市雄勝町大須の避難所を訪れたようですね。

その参照記事

 宮城県・村井嘉浩知事と面識のあった杉は24日、被災者や支援者を見舞うため直接電話し、知事代理の三浦秀一副知事と会談。甚大な被害状況を聞いた杉は「支援物資が届きにくい地域に足を運び、支援の手を差し伸べたい」と温かい食べ物の提供と物資等の支援を約束した。支援が遅れている同町で炊き出しが行われるのは初めてとなる。
(以上、上記参照記事から引用)

もちろん菅首相と民間人である杉さんは、それぞれ立場が違いますし役割も違うでしょう。でも、陸上自衛隊の指揮所が置かれている市役所仮庁舎の近くの避難所で「物資が届かない状況はどうなっていますか」などという問いを発することができる神経は理解しがたいです。
この視察をきっかけに各被災地の状況が少しでも改善されれはいいのですが。

・・・と思ったけど、やっぱり、この人何考えてるのか分からない。

首相は東日本大震災に伴う津波で壊滅的な被害を受けた岩手県陸前高田市を視察した。避難所では被災者から「仮設住宅に早く入りたい」と求められ、「場所を どうするか決め、できるだけ早くする」と答えた。赤いランドセルを見つけた首相は、昨年末に「伊達直人」を名乗る人物が全国の児童施設にランドセルを送っ たことを引き合いに「何とか直人がくれたのかと思った」と冗談も飛ばした。
参照記事引用)

・・・今回の災害では多くの小学生や幼い子どもたちも犠牲になったし、この赤いランドセルをプレゼントしたであろう世代の人たちも数多くの犠牲になっているのに・・・。
普通の感覚なら、このランドセルの持ち主は無事だったのだろうか?とか、このご家族は無事だったのだろうか?とか思うでしょうに・・・。

こういう感覚の人がこの国のトップとはね・・・。

こういう悲劇がたくさんあるのをこの人は分かっているのか!
この記事の写真はさすがに涙なしでは見れない・・・。
被ばく上限見直し検討・・・それなら福島県を復興のシンボルに!

2011年4月1日 朝刊

福島第一原発が収束した後のことらしいけど・・・。

まだまだ先が見えず放射線が漏れまくっているのに、原子力安全委員会は他にやることがないのだろうか?
まずは原発そのものに全力をあげてほしいよ。

で、仮に原発事故が収束しても安全となるまで長期間かかるようだから、その時の被曝基準を上げないとやってられないぜっていうことらしい。

確かに、原発周辺の復興の工事などが必要となり、その作業に携わる関係者などに通常の基準を適用するのは厳しいかもしれない。国際放射線防護委員会というところが二〇〇七年の勧告で、事故からの復興期は一〜二〇ミリシーベルトが妥当と設定しているようだから、それに準拠すればいいだけでしょうに。
事故が現在進行形の状況で、そういう検討をしてもね・・・。


で、思うのだが、それならば国会議事堂とか議員宿舎とか総理官邸などを福島県に移設すればいいんじゃないだろうか?
原発から30キロ周辺辺りで、年間の放射線被曝量が1〜20ミリシーベルトまでの場所でね。
福島県を政治的な首都にすれば、一極集中の問題解消にある程度寄与するし、何と言っても周辺住民が安心して暮らせるだろうしね。

費用と時間がかかる?

いやいや、それこそ仮設住宅で十分でしょうに。
総理官邸などもプレハブで十分だよね。
費用も時間もかからないと思うよ。

民主党の皆さんも防災服を新調したようだしさ。
今度は活動場所も新調すればいい。
防災服の見栄えも良くなる。
防災服には防災服に相応しい場所があるはず。
防災服の襟を立てて、仮設議員宿舎や仮設議事堂や仮設官邸を颯爽と歩けば格好良いこと間違いなし!
ホコリまみれの防災服で的確な指示を下す姿なんかがテレビに映れば、頼もしいかぎり!

元々ある議員宿舎とかは福島県の被災された方々を優先的に居れてあげればいい。
そうなれば、その他の被災地との距離も近くなるし、なにかと便利になるはず。
福島県が復興のシンボルになるっていいんじゃないかな。

外交的には問題があるかもしれないけど、外国からの賓客は元の総理官邸なり京都や大坂などで迎えればいいだけ。
杜撰な対応ー千葉の水道水
 
ニュースによると

参照記事
参照記事

22日の水道水から1キログラム当たり370ベクレルの放射性ヨウ素が検出
   (これは大人の摂取制限値300ベクレルを超える値)

28日の水道水からは検出されなかった。

29日に以上の内容を発表

28日に検査して29日に発表できるようですね。
つまり、1日で検査できるのだから、23日は発表すべきでしょうに!

それが、22日の水が集合住宅の受水槽に残っている可能性は低いため、「現時点で問題はない」とのこと。

そりゃ「直ちに」問題はないでしょうよ。
でも、東京都のように乳幼児をかかえる家庭とかにはペットボトルの水くらい配ってあげなきゃね。
買占めパニック > 住民の健康 っていうことだよな、千葉県は。

こういうことをやってると自治体の信用も無くすと思うけどね。

千葉県の知事って誰だっけ!?
こういうときこそ「俺は男だ!」じゃないの?
放射性物質放出、チェルノブイリ1〜2割の試算
 
休みだけど、原発の事が気になって・・・。
何とか収束の兆候が見えてくれればいいのだが。

 ウィーンの気象地球力学中央研究所は、東日本巨大地震被災直後の3日間(12〜14日)に、福島第一原子力発電所から大気中に放出された放射性ヨウ素は、チェルノブイリ原発事故の10日間で放出された量の約2割に相当するという試算結果を公表した。
 核実験全面禁止条約機構(CTBTO、本部=ウィーン)が、群馬県高崎市など世界各地に置いた監視拠点24か所で検知した放射性物質データをもとに分析した。
参照記事

3日間でチェルノブイリ原発事故の10日間の2割相当ということは、15日でチェルノブイリの10日間に相当するっていうことか・・・。もう超えてる?


 フランス放射線防護原子力安全研究所は、日本国内の観測データをもとに、12〜22日に同原発から放出されたヨウ素やセシウムなどの量は、チェルノブイリ事故の放出量の1割との暫定値を公表している。
(上記参照記事より引用)

こちらのフランスの場合は「日本国内の観測データ」をもとにしているらしいけど・・・。
うーむ、どちらがより正確なんだろうね。

で、これと併せて気になるニュースが・・・。

「土壌汚染「チェルノブイリ強制移住」以上 京大助教試算」っていうニュース

東京電力福島第1原発の事故で、高濃度の放射性物質が土壌などから確認された福島県飯館村の汚染レベルが、チェルノブイリ原発事故による強制移住レベルを超えているとの試算を、京都大原子炉実験所の今中哲二助教(原子炉工学)がまとめた。

とのこと。

飯館村って、原発から北西約40キロにあり避難対象の範囲外だよね。
風向きなどで影響の度合いがかなり違うはずだから、政府としては、同心円的に一律に決めず観測データに基づいて緻密に避難対象区域を決めればいいと思うけど。

関東各地の放射線値の可視化」を見ると、30キロ圏内も自主避難っていう曖昧な指示でいいのだろうか・・・。

この「関東各地の放射線値の可視化」って直感的に分かりやすい。
枝野氏、東電の数値訂正に批判


 枝野幸男官房長官は28日午前の記者会見で、東京電力が放射性物質の濃度を誤り訂正したことについて、「放射線の測定はさまざまな安全確保の大前提だ。こうした間違いは決して許されるものではない」と東電に伝えたことを明らかにした。
参照記事

いまだにこんなことを記者会見で言ってる場合か。
東電と政府って、福島原発の事故について統合対策本部を作ったはずでしょうに・・・。
内部で叱責するのはいいけどね。記者会見では枝野官房長官自身からも謝罪すべきでしょう。
これに関しては、15日以降、東電のミスは政府のミスのはず。
そういう自覚ってないのかな?

平成23年3月15日の福島原子力発電所事故対策統合本部の設置について 

によると・・・。

その対応を適切に行なうとともに、国民の皆さんにもしっかりと正確かつ迅速な情報をお伝えをする必要があること。こうした観点から、政府と東京電力とが場所的・物理的にも一体化し、現地の情報を同時に、一体に受け止め、それに対する対応を一体的に判断し、かつ指示を出していく。こういう態勢を取ることが、現在の状況を安定化させ、そして、事態の収束に向かわせていく上で、そして国民の皆さんの必要以上の不安を生じさせないために重要であるということを考えて、統合連絡本部を設置することといたしました。

って、格好良く謳ってるじゃん。

悪いニュースの前触れでなければいいのだが・・・。

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.