三朝四朝又朝朝

思ったことなどを徒然に・・・・・・
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「瞳をとじて」よみがえる「さくら」の「花」とあの人のこと・・・深夜に聴きたい曲ベスト3
 オリコンと日清健多郎の共同調査「深夜に聴きたい曲ランキング」で首位はケツメイシの「さくら」、第二位はORANGE RANGE「花」そして第三位は平井堅「瞳をとじて」とのことです。
 これは、オリコンの自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】のインターネット調査の結果とのこと。

 記事によると

「さくら」「花」「瞳をとじて」と、アーティストの志向性や傾向は違うものの、共通して言える事柄がある。それは、「過去を回想できるきっかけ」。3曲とも、過去に対する“想い”を歌詞の節々にちりばめて表現しており、そこに共感するユーザーが多数いるということ、また、現代人は心が疲れているとき、過去の思い出を回想できるきっかけをアーティストに求め、その思い出から“ココロに栄養”をプラスする傾向にあるようだ。もちろん、深夜という時間帯が大きく作用していることもあるだろう。オリコン・チャートTOP10からランクダウンした今も、上位3曲が根強い人気がある秘訣は「過去」というキーワードなのかもしれない。


 という分析である。うんうん、確かにそうだよね。「過去」というキーワードに付け加えるなら「別れ」ですな。3曲とも今はもう傍らにいない相手のことを想っている歌ですよね。

 人生って出会いと別れの連続だから、過去を振り返ると必ず「別れ」がある。その「別れ」を思い起こさせる歌って、つい、ほろりとくる。
 でも、人間は、そのまま思い出の中に留まっていられるわけもなく、未来に向かって進まなければいけない現実がある。そういう忙しさにまぎれた日常の中でふと心を許す深夜にこういう曲を聴きたくなるんだろうな。そして、また明日への活力を得ているってことでしょうか。
 そう言えば、この3曲とも「過去」の「別れ」を歌っていて「せつない」けど、弱さを感じさせないですね。どこか「強さ」うーむ、「人の心の強さ」「芯の強さ」とでも言えばいいのでしょうか、どことなくそんなものを感じさせる歌です。そして、何らかの理由があって別れたけど、君との出会い、そして、楽しく美しい思い出をありがとうっていう、そんな「感謝」の心があるよね。

 というわけでキーワードは「過去」「別れ」「せつなさ」「強さ」「感謝」ってとこでしょうか。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goro.fumufumu.biz/trackback/95732
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.