三朝四朝又朝朝

思ったことなどを徒然に・・・・・・
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
江〜姫たちの戦国〜 第37話 感想
 
さて、今回の37話は「千姫の婚礼」ということで、豊臣秀頼と千姫が秀吉の遺言通り結婚するみたいですが、その周辺には家康の征夷大将軍就任などキナ臭い動きがあるわけで、江はいかなることになりましょうや!

で、冒頭、今まで江が産んできた子どもたちの総復習。
いや、ホント、総復習してもらわにゃ訳分からんくらいに産んでるからね、お江さんは。
完は豊臣家へ残し、千・珠・勝と女の子ばかりだけれど、珠は加賀の前田家へ既に嫁いでいるとか・・・って、いつの間に(笑)うーむ、そういう場面ってあっただろうか・・・記憶にないけど。大体、前田家なんて利家がちらっと出てきたくらいだからなぁ・・・。
 
そもそも、利家死後、家康は前田家に対して謀反の疑いをかけたが、後を継いだ利長は母の芳春院(まつ)を人質として江戸へ送り危機を回避。家康はその見返りとして孫の珠を前田家へ嫁がせたという経緯があった。この前田家への挑発が失敗と終わり、その次に家康がターゲットとしたのが上杉家。で、上杉征伐→関ヶ原という流れだった。
 
この流れをある程度描いておけば、家康の腹黒ぶりや江の悲嘆の深さなども際立ったと思う。こういうのがあって江に「今度は上杉でございますか?その後は?もしや豊臣とか?私はどれだけ子を産めばよいのです?」などと言わせれば、家康を非難する台詞なども活きてきたのにね。それに「大坂へ行かせて」と秀忠に頼んだ台詞も説得力を持っただろう。
 
残念ながら、前田家とのいざこざを省略しちゃったので、江の心の傷の深さなどは伝わってこない。単なる予言者としか見えないし。
 
それに石田三成にしても、前田・上杉と五大老たちが次々と家康の餌食となっていくことでより深く危機感を抱いたことだっただろう。このままでは五大老制は骨抜きとなってしまう、ここで食い止めねば!と思ったはずだし。思慕する淀のためにもっていう思いをより鮮明に描けたはず・・・。
 
まぁ、覆水盆に帰らず、ですね・・・。
 
テーマ音楽後。

江戸城
 
珠の姿を求めて場内を彷徨う江。
珠の姿が目の前で消える。残ったのは「母上」という言葉・・・。
 
我に返ると、いつも寝ている寝所であった。
 
「・・・いかがした?」
「珠の夢を見ました・・・」
「・・・またか・・・」
 
またかって(笑)初めてですけど。
で、珠の夢をいつも見てるなら、完はどうなの?完のこと全く触れないけど、想いはあるでしょうに・・・。
 
慶長8年(だと思います)正月、江戸。
 
長女の千と羽根突きをする秀忠。のどかですねぇ。
 
侍女のヨシに珠の夢を見ると話す江。
「今更ながら不憫でならぬ・・・大名家との結びつきを強めんがための嫁入りぞ・・・」
 
そこへ千が江に言う。
「母上、笑ってないとお腹のややが悲しみまするよ」
「そうじゃな・・・」
 
しかし、上野さん、四人目の子を身篭っている母には見えないよね。何故だろう?ほとんど子どもとの交流が描かれてないせいかな?
 
大姥登場。
「・・・次は何としてでも男を産んでいただきませぬと」
「お腹の子は女じゃ」と千。
「何故そう思うのじゃ」と秀忠。
「そう思うからでございます・・・」
「それは困りまするな・・・男して下さりませ」と大姥。
「そのような術は使えぬわ」と千。
「左様でござりまするか・・・」と為す術のない大姥。
「では、姫の名前を考えておかねばならぬな」と秀忠。
「はい・・・母上、珠の代わりが産まれまする」
 
「代わり」って・・・うーむ、子は物じゃないんだし、代わりはないよね。まぁ、幼い千としては珠を手放した江の悲しみを慰めるつもりで言ったのだろうけどね。
 
大坂城
 
諸大名から新年の挨拶を受ける秀頼と淀。
しかし、家康の姿はなく・・・。
 
家康が挨拶のため大坂城へ上がったのは2月。
 
「伏見城にて皆の挨拶を受けておりまして・・・いや、これはうっかりしておりました」ととぼける家康。
「新しき年の初めとあらば、何をおいても御主君たる秀頼様に御挨拶申し上げるが豊臣家臣の勤めではありませぬか・・・それを」と問い詰める大野治長。
「改めまして・・・新年明けましておめでとうございます・・・秀頼様にはご機嫌麗しゅう恐悦至極に存知奉ります」と家康。
「徳川様に確かめたき事がござる」と治長。
「何なりと」
「まずは諸大名への領地あてがえのことにございまする」
「はて?関ヶ原の大戦から二年半・・・論功行賞ならとうに終わっているはずと・・・」
 
分かりやすく地図を広げる治長。
 
「豊臣縁の大名は西国へ、あるいは更に西へと追いやるように転封され、一方、徳川に昵懇の者は陸奥の南から関東、東海、越前、近江と東の街道の要所要所をことごとく抑えておりまする」
「ほほう・・・」
「徳川様は何より関ヶ原で豊臣に忠義を尽くされた大名衆を御考慮なされた。それが自ずとこうなったということにございましょう」と家康を庇う片桐且元。
 
って、いつの間に且元がいるんだよ(笑)
 
且元を睨み、再び、家康に問う治長。
 
「では、たまたまだと?」
「いかにも・・・なるほど、これは面白い」と地図を見入る家康。
これ以上見るなと言わんばかりに地図をそそくさと仕舞う治長(笑)
 
「ならば、普請中の二条城ですが、さほど頻繁に上られぬ京に、あれほど立派な城が御入り用か?」
「土地の広さに合わせたまでだが・・・」
「普請には大名衆がこぞって手を貸しているとか?」と淀。
「ははっ」
「作事を諸大名に手伝わせるは、亡き太閤殿下にのみ許されること!それを勝手に!」と怒る治長。
「過分なる恩賞を受けた者たちは、嬉しさの余り、じっとしておれんのでしょう。何とか徳川様のお役に立ちたいと」
「片桐殿は、我が豊臣の家老職にある一方、徳川様に信任厚く、新たに大和に知行を受けたとか?」と且元を責める治長。
「・・・いかにも」
「なるほど・・・徳川様の肩を持たれるのも無理は無い」
「何を言われる!この且元、太閤殿下在りし頃より豊臣家一筋」
 
そうは言っても大野治長、関ヶ原では東軍に属して頑張ってたし(笑)
まぁ、治長が東軍で頑張ってのは、元はと言えば、家康暗殺計画の首謀者の一人と見做され下野に流罪されたことが事の発端だからね。で、流罪から復権するために治長は東軍で奮闘することとなったのだ。
江が「三成が、三成が」と言ってた頃に治長はこういう目に遭っていた。だから、前田謀反と絡んで大野治長の流罪などもきちんと描いていれば、治長の唐突な出現などもなく自然と登場できたと思う。前回、関ヶ原後に初めて淀に紹介されるなんて有り得ないよ!
 
「両人ともよさぬか!」と淀が仲裁に入る。
「・・・話はそれだけですか?・・・ならば、それがし、此度朝廷より右大臣をとの御内意を賜りましたが、お断りいたしました」と家康。
「それが?」と淀。
「さりながら、御心を無下にいたしましては畏れ多く、征夷大将軍を拝命することと相成りましてございます」
「今何と?」と驚く淀。
「征夷大将軍にございます」
「将軍とは・・・徳川様は豊臣の家臣ではございませんか!」と治長。
「されど、豊臣が為、今最も肝要なるは諸大名を束ねることにて、それには武門の棟梁たる征夷大将軍の名を頂くより他にはないとも思いました次第・・・いや、されど、それはあくまで秀頼様が関白におなりあそばすまでのこと。言わば、仮の将軍にございまする」
「仮の将軍・・・」と淀。
「ははっ」
「それを信じよと?」
「はい」
「仮の将軍と・・・もし、その言葉、違えることあらば?」
「そのようなことは断じてござりませぬ」
 
ということで、家康は征夷大将軍に就くことに・・・。
 
うーむ、きわどいですね。実にきわどい。このへんの家康のやり方はね・・・。
 
関白・太政大臣・左大臣・右大臣・内大臣という順番なんだけど、まぁ、この時、太政大臣は廃止されてるので関白・左大臣・右大臣・内大臣という序列。
 
家康はこの時期まで内大臣。内府様とか呼ばれてましたしね。ちなみに信長は右大臣を経験したので右府様とか呼ばれてました。
で、家康は征夷大将軍になるとともに右大臣も兼ねてるんですよね。で、空いた内大臣はその下の権大納言だった秀頼が就きます。
でも、関ヶ原があった1600年の12月には、豊臣秀次以降空位だった関白に九条兼孝が就いてるんですよね。もちろん、家康の意向があったはずで、ここで豊臣の関白世襲は崩れてる。つまり、関白は元の五摂家が就任するという形に戻っている。しかし、家康は秀頼に内大臣を与えて将来への希望を持たせる形をとる。今は五摂家が関白になっているけど、秀頼が成人したら豊臣家にも関白職が巡ってくるという可能性を持たせ、家康としては豊臣家を蔑ろしているというわけではないという言い訳ができるようにしてるわけで。秀吉に関白を取り上げられた五摂家と家康の思惑が合致したのでしょうね。
 
と言うわけで、千との婚礼と内大臣就任はセットで考えるべきでしょう。でも、このドラマでは以後、千との婚姻ばかりが取り上げられますけどね・・・。来週あたり秀忠の将軍就任などがあるようですので、このあたりのことも触れてくれるかもしれません。
 
かつて秀吉は家康を臣従させるため自分より高い官位を贈ったりしてましたしね。このへんの家康のやり方は秀吉の先例を真似しているのかもしれませんね。家康が息子の秀忠に将軍職を譲る時の巧妙さなどは秀吉っぽいやり方を感じます。
家康って人物は独創性はそれほどないけど、先人の良いところを学ぶ人ですよね。それも味方より敵だった人、武田信玄とか秀吉とか・・・。不思議と信長を彷彿とさせるようなところは感じませんよね。あれだけ忠誠を尽くしたのに・・・。
 
江戸城
 
家康将軍就任は江戸にも伝わる。
 
何故?何故?連発の江(笑)
まぁ、ここは現代人代表の江ですから、江に託して家康将軍就任問題を聞いてみましょう。

「義父上様が将軍に?」と秀忠に尋ねる江。
「そういうことだ」
「将軍とは・・・徳川の何たる誉れにございましょう」と喜ぶ大姥。
こんなことでは疑問は氷解しない江。
「でも、何故ですか?義父上様は何故将軍になど?」

立ち上がり廊下へ出る秀忠。代わりに本多正信が口を開く。

「関ヶ原より後、世間は落ち着いているように見えまするが、主家が滅亡し、禄を失い、浪人となりたる侍の不平不満は巷に溢れておりまする」
「また戦が起こると?」と江。
「そうさせぬための将軍ご就任。武家の心をまとめるには、仰ぎ見、畏れ敬う御威光がなければなりませぬ」
「されど、それを言うなら大坂に秀頼・・・秀頼様がおられるではないか?」

学習したのか、「様」と敬称をつけ直す江(笑)
このドラマ、前から敬称については変だよね。お市のナレーションも「秀勝様」「高次様」なのに「秀吉」「秀頼」だったり・・・基準が分からんよ。

「失礼ながら御年十一では天下に睨みは効きますまい」
「では、義父上様はいずれは引くおつもりで将軍に?」
「後何年かの継ぎ役、そう心得ておいででしょう」
「さすがは大殿様。いろいろと考えておいでですのね」と感心する大姥。
「されど、大坂の姉上は納得しておいでなのか?」
「それとのう、江」と秀忠。
「はい」
「千を嫁に出すことになった」
「えっ?」
「お相手は許嫁でもある秀頼様・・・婚礼は七月と決まった」
「七月?」
「畏れながら七月と言えば後四月・・・」と侍女のヨシ。
「とても支度が間に合いませぬ」と大姥。
「間に合う限りのことでよい」
「事は将軍家からのおこしいれにございまするぞ」
「できたばかりの将軍家じゃ。それなりでよい」

思いつめた様子の江。
「それは・・・豊臣を・・・姉上を黙らせるためですか?」と江。
「それもある」
秀忠の言葉を正信が続ける。
「黙らせるためではなく、ご安心いただくため。大殿様が将軍となれたとなると、秀頼様と二人の天下人が並び立つのではと怖れを抱かれておるやもしれません」
「よきご縁ではございませぬか。お相手は姉君の御子。千姫様にとってお従兄弟様に・・・」と言う大姥を遮る江。
「そういうことを言うておるのではない!」

じゃ、どういうことよ。
このへんの江の心境はよく分からないよ。政治家になったり母になったりして。

まず、「姉を黙らせるため」とかの発想は政治家的なんだよね。娘の嫁入り話を聞いて、まずそれが浮かぶ江は政治家だよ。
で、幼い千の立場を気遣って発言した大姥を遮る江は、政治家的立場で続けるのかと思うと、次の台詞で自分の幼い娘を次々と手放す悲しみを訴えるだよね。これは母としての立場になっちゃってるし・・・。

秀忠の側に寄った江。
「あなた様はそれでよいのですか?珠に続き千も嫁に出すなど」
「この婚姻は元々決まっていたものだ」
「されど・・・」

結局、江は、千の嫁入りを聞いて、まずは政治的発想をし、千の立場を思いやった大姥の発言を否定し、娘を手放す親の悲しみを主張したわけで・・・。自分第一の人なんだよね。自分中心なんだよ。相変わらずにね。

何か逆だろうと思う。
まずは幼い千の気持ちを考えるだろう。で、大姥や秀忠あたりが「和平のため」という公の論理を持ち出し江を納得させるっていう流れが自然なのに、いきなり「それは・・・豊臣を・・・姉上を黙らせるためですか?」っていう発想だもんなぁ・・・。

「私は此度の婚姻が和平の証となってくれればと思うておる」
「和平の?」
頷く秀忠。
「これにより豊臣と徳川の絆はさらに強まる。それにより両家の絆が強き事を皆々に知らせることとなろう」
「それを和平の証だと?」
「そなたが言う政の道具とすることより遥にましではないか?」
 
で、江の大好きな「和平」という理屈で江を黙らせた秀忠。
十分に、立派に政の道具でしょうが!(笑)

大坂

秀頼と千の婚儀の話を大野治長から聞く淀。
「家康の企みじゃな・・・」
「いかにも・・・我らを丸め込むつもりに違いありません」と
大野治長。
「されど、これは亡き太閤殿下の御遺志。しかも千姫様はお江様と秀忠様の娘御。良きご縁かと・・・」と大蔵卿。
「そういう話ではありませぬ」と治長。

じゃぁ、どういう話なんだよ!大蔵卿は正論だろうに。

「・・・秀忠殿か・・・」と前回の秀忠の豊臣への忠義発言を思い出す淀。

「この婚儀、受け入れようではないか・・・」と決断する淀。

まぁ、妥当な判断だよね。

江戸城

「親父はどうやら本気だな・・・婚儀を機に豊臣を組み伏せようとしているのは明らか・・・」と秀忠。
「されど、この婚儀をもって徳川と豊臣の絆を確かなものとするが大殿のお考えでは?」
そう発言した正信を見て苦笑する秀忠。
「そなたも相当な狸だな・・・かつて己れの娘を北条へ嫁がせ、同盟まで結んでおきながら、離縁させ小田原城を攻めた男だぞ。親父には婚儀など、それほどのものだ・・・江には和平の証だと言うたがな・・・」

うーむ、難しいところですね。家康は豊臣をどうするか迷ったでしょう。この段階では豊臣を滅ぼすつもりと決めつけることは出来ないし・・・。やはり、ギリギリまで迷ったのではないでしょうかね。その結果、関ヶ原から豊臣滅亡まで十六年かかったのだろう。

北条の件に関しては、家康に非はないでしょう。ちょっと事情が違いますよね。秀忠はそういう家康を受け入れがたいようだけど・・・。
でも、秀忠さん、あんたのやってる事は結果的に酷い事だと思うけどね(笑)淀の前で豊臣への忠義を誓い、信用させ、でも、最終的には攻めるわけだから・・・。まぁ、最後まで家康に抵抗する演出となるんだろうなぁ。

そこへ江がやってくる。
「お願いです。千に付いて大坂へ行かせてくださいませ」
「大坂へ?」

何故か大姥がやってくる。大姥どこで聞いてたんだよ!(笑)
「それはなりませぬぞ!」と猛反対する大姥。

結局、身重の江の身を案じて出立を五月に早めることになった。

千を見送った秀忠。
「珠に続き千・・・娘を政の道具にしなくてよい世が来ぬものか・・・」
「それは・・・若殿がお作り下さい・・・」と正信。
「私が・・・?」
「・・・はい」
「・・・泰平の世か・・・」

千も政の道具って認めちゃってるし(笑)
江への言葉との整合性はどうなるんだよ。

それに秀忠、大名を取り潰した数では歴代将軍で最も多いんだけどね。で、末娘の和子を後水尾天皇に嫁がせたりと、この後も娘を道具として最大限に利用しちゃったりしてますが・・・。ある意味、家康よりエゲツナイと思うよ。

そもそも、娘を他の大名へ嫁がせることって、そんなに悪いことだろうか?まぁ、幼くして親元を離れるっているのは可哀想だけど。
秀忠にしても江にしても罪悪感を感じているようですけどね。現代的視点で描かれるこのドラマの恋愛至上主義からすれば悪なんでしょう。でも、風習っていうか風俗っていうか、こういうものって時代によって変わるものだしね。当時の人が現代を見れば、腰を抜かすほど驚くだろう。

若狭・小浜城

いつの間にか高野山から降りてる京極高次(笑)
高次・初の元にも秀頼と千の婚姻の方が届く。

「・・・江は伏見のお城まで付き添うとか・・・」
「いかにも江らしい・・・」
「私も行きとうございます・・・されど行けませぬ」
「大津でのことか?」
「・・・私は徳川と豊臣の双方に背を向けたのです。二人に会える道理がありませぬ」

何故そうなる。豊臣家に弓引いたわけでもないのにね。
大津での大活躍は何だったの?
戦後、家康に大見得切ったよね?
若狭8万5千石をという家康に対して「そんなの当たり前です!」ってさ。
あの堂々とした初は幻だったのか?

ふーっ、ちゃんと辻褄を合わせてほしいよ。

伏見城

「千、そなた・・・本当に嫁に行ってもよいのか?」
「母上・・・」
「嫌ならここから連れて戻る。今すぐにな」
「そのようなこと、今頃お聞きになるのですか?」
「ここに来るまで、ずっとそのことばかり考えておったのじゃ」
「秀頼様はお従兄弟、豊臣の母上様は、母上の姉君においでです。それに私が嫁ぐことで、豊臣と徳川が仲良くなるのだと聞きました」
「千・・・」
涙ぐみながら千は言う。
「私は・・・父上と母上のお役にたちとうございます」
涙をこぼす江。それを見た千。
「泣いてはなりませぬ。母上が泣くとお腹のややも泣きます」
抱き合って泣く江と千。

ホント、千の言う通りだよね。今更聞かれて困るよ。

しかし、こうして会話を文章に起こすと、いかに千の台詞が多くて江が少ないかよく分かる(笑)いつも相手の言葉を繰り替えしたり、「はぁ?」とかのお江さんだからね(笑)

江戸城

夕暮れに黄昏る秀忠。
羽根突きの板と羽を持ち、千の思い出を・・・(笑)

しかし、秀忠さん、暇そうだよね。
江戸の町の整備とかやることたくさんあるだろに(笑)

伏見城

大殿(家康)が戻った知らせを受ける江。

きたーっ!これはきましたよ。家康をどう責めるのか?

「おおーっ、これはこれは・・・千のお袋様ではないか」
まずは様子を見る家康。
「お久しゅうございます・・・義父上様・・・いえ、征夷大将軍様におかれましては・・・」
と江は皮肉のジャブを放つ!

「つまらんことを言うな」
軽く避ける家康。
「お腹にややがおるのに、よう来たものじゃ」
家康も軽くジャブを打ち返す。
お腹をさする江。
「・・・娘の婚儀を案じて・・・ばかりではないようじゃな・・・」
と家康は休むことなくストレートを放つ!ここらへんが老練のボクサーのしたたかさか・・・。

「何故、千は嫁がされるのか・・・その訳をお伺いに参りました」
迎え撃つ江。しかし、ややピントがズレてる。どうやら家康をとらえきれない様子。
「此度の婚儀は泰平の礎である」
家康、連打!
「泰平の・・・礎・・・?」
江、苦し紛れのカウンターを狙う(笑)
別名オウム返し攻撃!

「左様・・・」
軽くいなす家康。
「秀忠様は・・・和平の証と言っておられました」
「親子じゃな・・・似たことを考えるものじゃ・・・」
江のストレートに家康もカウンターで迎え撃つ。

怯まぬ江は渾身のストレート。
「それだけでしょうか?」
「それだけと?」
間一髪防いだ家康。

江、もう一発ストレートを放つ。
「義父上様は天下を狙っておいでなのでは?」
「おいおい・・・」
コーナーに追い詰められた家康。

「天下をとるため・・・千を豊臣に嫁がせ、相手が安心したところで、一気に攻め滅ぼすおつもりなのではありませぬか?」
でた!江の未来予測パンチ!
「よくも、そこまでのことを考えるものじゃ・・・」
しかし、家康には効き目がなかった。

「お聞かせ下さりませ」
「誓って、そのようなことはない」
「信じられませぬ・・・」
江はスタミナ切れか・・・。
家康はアッパーを放つ。
思いがけない家康の攻撃に江は混乱する
「ただ・・・淀殿には目を覚ましてもらわねばならぬ」
「目を覚ます?」

「あのお方は長い夢から一向に覚めようとなさらぬ。秀吉公の築くかれし豊臣の世が永久に続くという夢からの・・・その夢に千が穴を開けるやもしれぬ。淀殿は千を見る度に、徳川の影を見ることになろう・・・」
「何故そのような・・・姉上が夢に生きるなら、それでよいではありませぬか!?」
ダウン寸前の江。
容赦なく攻撃する家康。
「そうはゆかん!・・・そうはゆかぬのよ・・・」

家康の圧勝でしたね。
そもそも、この時点で家康が豊臣をつぶすと考えていたかどうか???
秀吉が織田家を残したように、家康も豊臣家を残すつもりだったかもしれない。
だから、江の発言は完全に未来を知ってるものの発言だよな・・・。

大坂城

久しぶりに揃った三姉妹・・・って初はいつの間に来る気になったんだよ(笑)

で、東軍についたことを淀にお詫びしてるし・・・。関ヶ原は豊臣vs徳川ではないって・・・。

淀は秀忠を頼りにしていることを口にする。しかし、江は家康の想いを思い浮かべ不安になる。

そこへ一人の美少女が!
完であった。何となく秀勝の面影もあるような・・・。
しかし、江とは親子に見えないよ・・・。
で、完は摂家の九条家へ嫁ぐことが決まったとか。
これも政略結婚だろうなぁ・・・。

千の輿入れも無事に済み、産気づいた江は無事女子を出産。
その子は初と名付けられ、京極家へ養子になることに。
家康に対する江のせめてもの抵抗とのこと。

しかし、これも徳川の政略だろうしね。初にしても自分の姪を側室が産んだ嫡男に嫁がせるつもりなんだし・・・。

まぁ、この当時、こういう婚姻が当たり前だっただろうしね。特にに大名家ともなればね・・・。ある意味、女性は外交官的な役目をも負っていたとも言えるから、別に道具ってわけでもないと思うけど・・・。

で、嫡男以外の男も同じだよね。一生部屋住みか、運がよければ、他家へ養子となれるか所領を分けてもらい分家として独立できるかくらいでしょうに。武家の社会はね。
コメント
from: na   2011/09/29 2:14 PM
とても分かりやすく
相変わらずの大河の進行具合を知ることができました(^^)
ありがとうございます☆

次回は竹千代が生まれて
ついに春日局が登場するらしいですね!
おもしろそうなので
久々に観てみようと思います☆
from: 淡月   2011/10/01 7:53 AM
まぁまぁいいかなと思ったら、江の場面で潰すということが多々ありますから油断できませんよ(笑)

春日局は、あの斎藤利三の娘で、利三と言えば明智光秀の重臣で、江の大好きな信長を倒した一味ですよね。江はどういう反応するのでしょうか。まぁ、光秀に好意を抱いていた江ですからね。

しかし、「江戸の鬼」として登場した大姥局も鬼ならしくないし、春日局はどう描かれるのでしょう?そこらへん興味がありますよね。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goro.fumufumu.biz/trackback/401962
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.