三朝四朝又朝朝

思ったことなどを徒然に・・・・・・
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
江〜姫たちの戦国〜 第28話 感想
 
秀次がどう描かれるか興味があった第28話「秀忠に嫁げ」ですが、描かれた秀次像はまぁまぁ良かった。

しかし、このサブタイトルはどうなんだろう。
サブタイトルって、その回のテーマなどを象徴するものだと思うのだけれど、この大河ドラマの場合はそういうものでもないようですね。内容とズレてるという印象が度々あります。

で、内容の方ですが・・・。

 元々、登場人物の少ないドラマでしたが、江と知り合って親しくなったせいか(笑)次々と亡くなっていくので、本当に小規模大河ドラマとなってしまった感じがします。

淀・初・江の三姉妹に、豊臣家としては秀吉・秀次・政所・龍子・三成、徳川家は家康・秀忠・正信だけで回していけそうなドラマって何のなのだろう。もはや大河ドラマと言っていいものかどうか・・・。

今回は、秀次事件がメインだったわけだけど、もうお馴染みのワンパターン。

秀吉・三成が悪巧み→江が怒る→でも、事態は変わらず

という流れを踏襲しているわけです。

例えば、水戸黄門なんかですと

黄門様御一行がその土地の悪事を暴く→印籠を出す→悪は滅び事件は目出度く解決

という感じで、ワンパターンとは言え、一応見ているほうもスッキリするんですがね・・・。

お江さんの場合は、どうにもこうにも見ている方としては「またかよ・・・orz」となるわけで、見てて楽しくありません(笑)

それに人間関係も薄っぺらいので、感情移入もできない。
今回の秀次に関しても、お江は三成の刀を取り上げ(刀を抜き取られる三成もどうかしているけどね)、己の首筋に刃先を当てて「死ぬのは怖くない。秀次様の元へ連れていけ」などと三成を脅迫してしまうわけですが、お江がそこまでして秀次に会いたいという動機が分からないというか、理解できない。つまり、今まで描かれてきたお江と秀次の関係では、お江がそこまでする必然性が少しも感じられない。これが利休の時なら、まだ理解できるのだけどね。

要は、主人公であるお江を秀次の元へ行かせて会わせたいわけだろうけど、それは脚本上の都合なわけで、そこに人間としての「どうしてもそうせざるを得ない事情」などが描かれていないから「はぁ・・・?」となってしまう。
秀次の切腹の前に、どうしてもお江を会わせたかったら、今までの回でもっと丁寧に秀次とお江の交流などを描いておくべきだろうと思う。今までのことを振り返ると、お江にとって秀次は夫の兄であり、その兄弟仲がいいというだけの存在でしかない。それだけの存在にしか過ぎないのに、自分の娘の存在も無視して自分の命を懸けてまで会わなければいけない理由が全く理解できない。このままでは役者さんは単なる将棋の駒だよ。

恋愛大河路線を貫くなら、例えば、夫の秀勝との間を必死で取り持ってくれたのが秀次だったとかね。そういう描き方とかあったと思うけど・・・。
秀勝に恋をしたお江。しかし、その恋路を邪魔する(他の大名への縁談を持ちかけるとかの悪事だけど(笑))悪の秀吉。そこに、秀吉の親族筆頭である秀次が活躍するとかね(笑)
しかし、ドラマでは秀勝との縁談があったとき、お江は「はぁ?」ってな感じだったし、むしろ秀勝の方が惚れて結婚したい感じだったしね。秀次とは言い争ってばかりだったし・・・。

この秀次事件。真相は不明ですが、秀次のみならずその妻子までも処刑されたという悲惨な事件です。お江が怒るのも無理はありません。
しかし、妻子全てが処刑されたわけではなく、難を逃れた人も僅かですがいるんですよね。例えば、後の大坂の陣で悲劇の伝説となったお菊という生後間もない娘とかね。どうせお江を活躍させるなら、このへんを描く手もあったと思う。

例えば・・・

「残された妻や子たちのことが唯一の気がかりじゃ」と秀次。
「秀吉もそこまでは・・・」とお江。
「いや、叔父上のことじゃ。やるとなれば徹底的にやるはず。後は頼む。お江」
「・・・分かりました」
聚楽第に向かったお江だが、もはや三成の手の者に囲まれていた。
そこで、お江は得意の炭焼き職人に化け、屋敷内に潜入(笑)
全員を助け出そうとするが、それは不可能。
で、生後一ヶ月の娘お菊だけを荷車に隠し脱出。

という感じで秀吉に一矢報いるお江であった・・・(笑)

たまにはお江さんにも成功体験をさせてあげても良かったのではないかなと思ってしまいます。
同じ幼い娘を持つ母親として、秀次の生まれて間もない娘であるお菊の救助に力を尽くすというのは説得力あると思いますが・・・。

この秀次事件ですが、連座した大名も多く、難を逃れるために細川忠興などは家康から借金をして秀次へ返済したりと苦労した大名も大勢いるんですよね。こういう諸大名の動向は完全にスルーしてましたけど、この時に疑いをかけられた大名は後の関が原のときは見事に東軍に参加してるわけで、かなり影響の大きな事件だった。そして、結果的に得をしたのが徳川家。そのへんもドラマでは無視されてしまいましたね。お江を絡ませるから事件が矮小化されています。
まぁ、お江が家康にまで相談をさせる流れですから(笑)自分の親族問題を他家に相談する嫁ってどうなんでしょうね。

で、最後に怒り心頭のお江は秀吉の元へ行って「縁を切る!出て行く」と言うわけですが、そんなことはどうでもいい秀吉は「秀忠へ嫁げ」と一言(笑)
それを当然のごとく断固断った江。
ここまで啖呵をきったお江さん、どういう経緯で秀忠と結婚するんでしょうか・・・。

と言うわけで、今回は体調不良のため手抜きの感想となってしまいました。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goro.fumufumu.biz/trackback/401953
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.