三朝四朝又朝朝

思ったことなどを徒然に・・・・・・
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
江〜姫たちの戦国〜第15話 感想

サブタイトル「猿の正体」ですが・・・。

冒頭でいきなり「やった?」「やってない!」「やっとけばよかった〜」などという会話が(笑)
こういうのってドラマの展開上必要なことなのであろうか・・・。
先週見てれば分かるし(笑)
佐治一成などは、わざわざ織田信包に「やっときゃよかったよ・・・orz」と嘆く始末(笑)
江の処女性が今後重要問題となるなら別だけどね。
どうもそういう感じもしないし、無意味だよなぁ・・・。
そこまで視聴者に印象づけることもないと思うけど。
まぁ、江がどれだけ一成に心を寄せ、無理やり離縁させられて傷ついているかってことを表現したかったのかもしれんが、それなら他にいくらでもやりようがあるよなぁ〜。

で、久しぶりに登場した織田信包ですが
「兄上の仇をとってからやりたい放題」などと秀吉を非難してますが、
あのね・・・、あんた秀吉に従って、兄上の息子(信包にとっては甥)の織田信孝とか柴田やその同盟の滝川などを攻めてるじゃん!

こういう台詞を信包に言わすかね、脚本家も・・・。
文句言うなら、信長の弟として柴田と秀吉の仲裁するなりとかすりゃよかったじゃん!
織田家一門衆のNo.4くらいの位置にいたはずだし。
・・・って見ている私は思ってしまうよ。
どうせなら「兄の仇を討ったゆえ、秀吉の存在が大きくなりすぎたのじゃ」
とか言わせて、一成とともに織田一族の悲哀でも表現すればよかったと思うが。

さて、江の方ですが、相変わらず秀吉に対する憎しみの炎をメラメラと燃やし、その炎が今回の離縁でさらに燃え上がっているご様子でしたね。
「復讐したい!」と軽々しく言ってましたが、以前の千宗易の感動の場面はどこへいったんでしょう。宗易の言葉に涙したのではなかったのか?
江がそう言ったとき、茶々が「気持ちはよく分かるが、宗易様のお言葉を思い出すのじゃ」などと一言あればね。
それで江もはっとして、仇である秀吉のことをよく知ろう!という流れにでもすれば、以前の宗易の感動の場面も活きてくるし。
大河ドラマって大きな河のドラマでしょうに。以前の内容も活かして下され。

ともかく、秀吉とはどういう人物かということを探るため、大坂城の中を聞き込み捜査する江。
しかし、聞く相手がすべて秀吉の家族とか家臣ばかり。
またまた石田三成はアホさ加減をさらしたりして・・・。
このドラマ、本当に秀吉側の扱いがひどいよね。
逆に徳川の方は渋く演出してるしなぁ〜。
家康の懐刀である本多正信は草刈正雄でしたが、石田三成との演出の差に唖然だもんね。

で、侍女に「意味がない」と突込みをいれさせる脚本(笑)
最後に会った宗易に「本人を見なければ分かりまへんでぇ」と言われる始末。
この時間返してくれ〜〜〜と言いたい。

無駄な時間を過ごした江、秀吉と直接対決へ・・・。
江の攻めをかわし、逆に江に秀次の扱いの助言を求める秀吉であった・・・。
秀次と言えば、先の小牧・長久手の戦いで失態を演じた秀吉の甥ですね。

「戦は嫌」と言い続けてる江ですが、何故かアドバイスは「秀吉殿が出陣しなければよいのでは? 全てを秀次殿に背負わせるのです。あの御方も覚悟が定まりましょう」と戦をしまくれということでした(笑)
で、そのアドバイスに従い四国攻めは病欠にして、秀次に任せる秀吉(笑)
(史実では四国攻めの総大将は弟の秀長ですけどね)

で、江はいろいろと秀吉に問いただすわけですが、秀吉は信長の幻を江に重ね、びびりまくり・・・。
もうこの演出いい加減にしてくれよ。
もう信長は出てこなくていいから・・・。

秀吉「邪魔だったけどねぇ・・・いなくなると寂しいしぃ・・・」
江「そんなことで許すと思うか!」
秀吉「ごめんよぉ・・・つらい思いさせちゃってさぁ」
江「わーん」と泣く。
秀吉「泣かないでよぉ・・・ぼくも泣いちゃうよぉ・・・わーん」と泣く
抱き合って泣く二人であった。
見てる私はポカーンであった。

結局、秀吉の正体とは何か私には分からなかったが、信長に最もよく似ていると言われた江は違う!
慧眼鋭く秀吉という男の正体を見抜いたのであった!
「猿は大嘘つきです。でも、その中に真があるのです。ですから人はその嘘に心を動かされてしまうのです」

・・・うーむ・・・汗・・・今回もいいところなしか・・・と思っていたけど、これは、ちょっといい台詞かもしれない・・・。

嘘の中に真(まこと)があるって言うより、何事も本気でやっちゃうってことなんでしょうね。
戦も本気、城作りも本気、おねとの結婚も本気、浮気も本気、嘘も本気・・・そこに人は魅かれるってことなんでしょう。
それを象徴しているのが、最後に三姉妹に贈った黄金の猿の像なのかも・・・。

猿の像は「ムシャクシャしたら、この像にあたれ」と秀吉が三姉妹に贈ったものだけど、それなら木の像でもいいわけで。そこをわざわざ黄金作りにするところに秀吉の本気さがあるって解釈したのだけど・・・。いいふうに解釈しすぎなのだろうか・・・。

今回の収穫は、最後の台詞と黄金の猿の像っというところか・・・。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goro.fumufumu.biz/trackback/401907
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.