三朝四朝又朝朝

思ったことなどを徒然に・・・・・・
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
気象庁放射線物質の拡散予測の公表を政府が止めていた・・・。

読売新聞 4月4日(月)16時46分配信 から引用

 東京電力福島第一原子力発電所の事故で、気象庁が放射性物質の拡散予測を連日行いながら、公開していなかったことに関し、枝野官房長官は4日午後の記者会見で、「少なくとも隠す必要のない情報。誤解を生まない説明を付けて、公表すべきだった」と述べた。


食品に関する放射線の暫定基準値とか出荷制限とかもそうだけど、どうも政府やり方を見ていると不安を感じる。

風評被害とか心配するあまり、政府自らが風評の元を作ってる気がしなくもないよね。
官房長官も「少なくとも隠す必要のない情報」とか発言するかね?
隠してるのもありますよって言っているようなものだよね。
もちろん公表しない方がよいとものもあるだろうけど、この部分は余計な発言だよ。
敢えて言う必要のない言葉だね。

この放射性物質の拡散にしてもね・・・拡散していることは、みんな分かってるんだしね。
それを敢えて公表しないから「何かヤバイことを隠してるじゃないの?」って考えてしまう。
だからフランスとかドイツとかの外国の公表している予測をわざわざ探して見たくなるし・・・。
それに、諸外国も何故日本政府は公表しないのか疑心暗鬼になるだろうし。

最初から公表していれば何の問題もない。
拡散予測を見て、外出する必要の無い人は「今日は外へ行くの控えよう」とか個人で判断できる。「直ちに健康を害するものではない」ことは分かってるけど、あえて放射線物質を浴びる必要もないのだからね。

そういう判断材料が最初からちゃんと提供されていれば、それは「安心」の材料ともなるはず。関心の無い人とか気にしない人は見ないだけだろうしね。

結局、風評被害って、その大部分は情報不足が原因ではないだろうか。


こちらで外国の拡散予測を見ると、明日5日から7日にかけて西日本にも放射性物質が拡散する可能性があるようですね。
気になる人は、マスクをしたり外出を控えたりした方がよいかもしれませんね。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goro.fumufumu.biz/trackback/401893
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.