三朝四朝又朝朝

思ったことなどを徒然に・・・・・・
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
放射性物質放出、チェルノブイリ1〜2割の試算
 
休みだけど、原発の事が気になって・・・。
何とか収束の兆候が見えてくれればいいのだが。

 ウィーンの気象地球力学中央研究所は、東日本巨大地震被災直後の3日間(12〜14日)に、福島第一原子力発電所から大気中に放出された放射性ヨウ素は、チェルノブイリ原発事故の10日間で放出された量の約2割に相当するという試算結果を公表した。
 核実験全面禁止条約機構(CTBTO、本部=ウィーン)が、群馬県高崎市など世界各地に置いた監視拠点24か所で検知した放射性物質データをもとに分析した。
参照記事

3日間でチェルノブイリ原発事故の10日間の2割相当ということは、15日でチェルノブイリの10日間に相当するっていうことか・・・。もう超えてる?


 フランス放射線防護原子力安全研究所は、日本国内の観測データをもとに、12〜22日に同原発から放出されたヨウ素やセシウムなどの量は、チェルノブイリ事故の放出量の1割との暫定値を公表している。
(上記参照記事より引用)

こちらのフランスの場合は「日本国内の観測データ」をもとにしているらしいけど・・・。
うーむ、どちらがより正確なんだろうね。

で、これと併せて気になるニュースが・・・。

「土壌汚染「チェルノブイリ強制移住」以上 京大助教試算」っていうニュース

東京電力福島第1原発の事故で、高濃度の放射性物質が土壌などから確認された福島県飯館村の汚染レベルが、チェルノブイリ原発事故による強制移住レベルを超えているとの試算を、京都大原子炉実験所の今中哲二助教(原子炉工学)がまとめた。

とのこと。

飯館村って、原発から北西約40キロにあり避難対象の範囲外だよね。
風向きなどで影響の度合いがかなり違うはずだから、政府としては、同心円的に一律に決めず観測データに基づいて緻密に避難対象区域を決めればいいと思うけど。

関東各地の放射線値の可視化」を見ると、30キロ圏内も自主避難っていう曖昧な指示でいいのだろうか・・・。

この「関東各地の放射線値の可視化」って直感的に分かりやすい。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goro.fumufumu.biz/trackback/401887
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.