三朝四朝又朝朝

思ったことなどを徒然に・・・・・・
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
入試問題ネット流出事件
単なるカンニングということではなく、不特定多数の目に触れるYahoo知恵袋というサイトに、試験時間中に問題を投稿したという点が罪に問われているようですが、ここまでマスコミが大きく取り上げることかなと疑問を感じる。ネット絡みだと、マスコミも大きく取り上げる傾向にあるのかな?出身の学校にまで取材に押しかけるのはどうかと思う。ネットの炎上をマスコミは批判したりするけど、こういう報道の状態をみるとあまり変わらないと思うけどね。少なくともトップニュースとして扱うものではないでしょう。
麻薬を購入した容疑をかけられている芸能人がタイに逃亡したというニュースもどうでもいい。

携帯電話が登場した時点で、こういう手口は予測できたしね。今回の受験生は自分一人で実行したようだけど、個人契約の携帯電話でYahoo知恵袋に投稿した時点でつんでるわけで、実行した人は受験勉強に追われて、あまりニュースなど見てなかったのかな。携帯電話の記録から逮捕!とかよくあるニュースだしね。IPアドレスとか識別番号とか確実に足跡は残る。携帯電話なんて足が付きやすい方だと思う。

それよりも、闇の受験組織があって、その秘密のサイトで問題と解答のやり取りが行われている可能性だってある。実際、韓国では何年か前に何百人単位で摘発されていたっけ。それくらいの規模の事件なら大騒ぎするのもわかるけど。
それに何も通信機能を利用しなくても、今時の携帯電話なら辞書機能とかテキストデータの閲覧機能とかついてるわけだから、それを利用する手口でカンニングしている人もいるかもしれない。思いもつかない巧妙な手口を編み出してる人がいるかもしれない。大学側にも試験監督に対しての甘さがあったのではないか。来年度以降何らかの対策をしないといけませんね。真面目に受験している人が殆どだろうけど・・・。

昔の中国で行われていた科挙という試験。これに受かれば一生安泰なので競争も激しく、白髪の受験生もいたとか。白髪になるくらいの年齢でも受かれば元が取れるほどの高待遇だったので、カンニングしてでも合格したいと思う人が出てくるのは世の常。でも、ばれれば一家全員死刑など過酷な罰がまっていたようです。あまりにも過酷な試験だったため、中国文明の長い停滞を招いたと言われているほど。服の裏一面に米粒くらいの小さな文字で何十万語も書かれたカンニング下着が残っているとか・・・。米粒に小さい文字を書き込む技法などは、科挙のカンニングから派生したのかも(笑)

試験とカンニング、永遠のテーマなのかもしれません。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goro.fumufumu.biz/trackback/401865
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.