三朝四朝又朝朝

思ったことなどを徒然に・・・・・・
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
今度のジェームズ・ボンドはNO!?
 ダニエル・クレイグという俳優が6代目ジェームズ・ボンドらしいですが、その新作映画「007/カジノ・ロワイヤル」のボイコット運動が起こっているとか。

ファンが新007をボイコット!

 新ジェームス・ボンド役に決まったダニエル・クレイグを不服とするファンが、最新作「007/カジノ・ロワイヤル」のボイコット運動を展開している。反対グループが立ち上げたサイトには、「(製作会社である)イオン・プロダクションは、ボンド役として絶大なる人気を博していたピアース・ブロスナンを解雇したばかりか、背が低く、金髪で、変な顔のダニエル・クレイグを起用し、ファンを侮辱した」と声明文を掲載。「カジノ・ロワイヤル」を映画館で観ないようファンに呼びかけている。一方、3代目ジェームズ・ボンドを演じたロジャー・ムーアは、「彼はとてつもなく素晴らしい役者だ」とクレイグを擁護。「完成した映画も観ていないのに、批判をするのはおかしい」と反対派に苦言を呈している。

Daniel Craig Not James Bond(英語)
eiga.com) - 3月1日


 こういう長期のシリーズ物って、その主演俳優の交代などで、それまでのファンからの拒絶反応が起こってしまうのは必然的だよね。水戸黄門然り、サザエさんやドラえもん然り。人は、最初に見たときの俳優や声優などのイメージで捉えてしまうのでしょうね。でも、さすがネット時代。ボイコット運動もサイトを立ち上げ、それがニュースとなるんだから恐いものです。

 007の場合、ショーン・コネリー、ジョージ・レーゼンビー、ロジャー・ムーア、ティモシー・ダルトン、ピアース・ブロスナンと続いたわけですが、私の場合、子供の頃、TVで見たショーン・コネリーの007の印象が強い。でも、ピアース・ブロスナンの007も今では自然に見ることができるので、そのうち慣れることかもしれません。6代目のダニエル・クレイグは、写真で見る限りボンドって言うよりも003とか009などの他の00要員で、すぐにやられちゃう脇役っぽい印象ですが、シリーズとして続けば慣れていくのでしょう。

 それより時代の変化で007シリーズって製作しにくくなっている気がするし、話題性やインパクトなども薄れているのでないかと思う。そういう意味では、今回のボイコット運動は巧妙な宣伝活動なのかもしれませんね。実際、私も釣られちゃってるしね。
007 製作40周年記念限定BOX
007 製作40周年記念限定BOX
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goro.fumufumu.biz/trackback/387289
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.