三朝四朝又朝朝

思ったことなどを徒然に・・・・・・
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
雨のリグレット
 今日、クルマの中で久しぶりに稲垣潤一を聞いていた。

 ちょうど雨が降っていたせいか「ドラマティック・レイン」も良かったし、「バチェラー・ガール」も良かったが、なんと言っても「雨のリグレット」が心に響いた。

 稲垣潤一はいろんな人から楽曲の提供を受け、彼独自の世界を創っているシンガーであるから、「雨のリグレット」は誰が作曲したのかな?と思い見てみると、「松尾一彦」という名前が作曲者として載っていた。

 「うーむ、松尾・・・・・・一彦・・・・・・・、ふむ?もしや!?あの松尾一彦か!」

 そう、今や伝説となったバンド、オフコースの松尾さんだったのである。しかし、「雨のリグレット」は稲垣潤一のデビュー曲なわけで、そんな昔から松尾さんは、こんな名曲を作っていたんだと改めて思った次第。まぁ、ファンの間では常識かもしれないけど、今日、気がついた私は新鮮な思いで「雨のリグレット」を聞けて、ちょいと得した気分になった。

 オフコースと言えば、小田さんとヤスさんは、それぞれソロ活動しているわけだが、松尾・清水・大間の三氏は現在ABCというグループで活動している模様。それぞれ頑張っていただきたいものである。

 しかし、稲垣潤一はクルマの中で聞くにはちょうどいい感じ。「オーシャン・ブルー」「エスケイプ」のようなテンポのある曲も良いし、「ロング・バージョン」のようなスローバラードもサイコーである。そう言えば、「オーシャン・ブルー」は作詞・作曲ともユーミンである。あと「夏のクラクション」。
 J.Iではこのあたりが好きだったが、今は「雨のリグレット」が一番。

♪〜
Why oh Why
時をへだてた今
なぜ心は乱れる
Years Ago
背中 向けた恋に
なぜむせび泣くの
My heart
〜♪

 ちょっと雨の日が楽しみになった。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goro.fumufumu.biz/trackback/362591
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.