三朝四朝又朝朝

思ったことなどを徒然に・・・・・・
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
大河ドラマ『真田丸』第一話 感想
 久々に第一回の放映が楽しみだった大河ドラマ。録画してた第一話をようやく見る事が出来た。

舞台は戦国、主人公は真田信繁(幸村)。随分前にNHKの時代劇として放映された「真田太平記」を懐かしむ者の一人としては、信繁(源次郎)や父の昌幸、兄の信幸(源三郎)がどのように描かれるのか興味深いものがあった。


続きを読む >>
大河ドラマ 平清盛 第12回 感想
 
清盛の妻明子の死。

1144年(天養元年)。

(この頃、朝廷に不満をもった寺社は、しばしば都に押し寄せていた・・・世にいう強訴である。by頼朝)

「法皇様、比叡山の大衆がまた強訴を起こしておりまする」と藤原家成。
「近頃とみに盛んじゃ・・・」呟く鳥羽法皇。

「殿。鳥羽の院より直ちに強訴の山法師どもを打ち払えとの命が」と平家第一の家人である家貞が忠盛に伝えた。
「すぐ一門に触れを出せ」と忠盛は命じた。

伊藤忠清が声を張り上げ山法師たちを押し留める。
その傍らには清盛がしらけた顔で立っているだけ(笑)
神輿に矢を射掛けるなら神罰が下ると脅す山法師のリーダー明雲。
家貞は平氏の荘園を寄進したいと交渉し、強訴を取りやめさせた。

(平氏はその武力と財力を駆使して強訴を退け、その報いとして鳥羽院から領地や位を与えられていた・・・by頼朝)

勅使を待つ平氏一門。

「いよいよ兄上が武士で初めての公卿になられる時じゃ」と期待に胸を膨らます忠正。
「まだ決まった訳ではござらぬ」と家貞。
「なんの!正四位下より上られるのです。次は三位の公卿となられるのが通例にござりましょう」と家盛の守役の平維綱。
「通例にござりまする!」と何も考えてない伊藤忠清(笑)

勅使が伝えたのは、その通例に反して忠盛を正四位上とする内容であった。

(どれだけ尽くしても武士を公卿にする気はない。朝廷のそんな思惑がありありとした処遇であった・・・by頼朝)

テーマ音楽。

続きを読む >>
大河ドラマ 平清盛 第11回 感想

(京随一のもののふと呼ばれた佐藤義清の出家は、人々の心に少なからず波紋を生じさせた・・・by頼朝)

散る桜を見ながら悲嘆する璋子。
「義清は、私の罪深さを背負うて出家したようなものじゃ・・・すまぬ事をした」
「それは違いまする。義清殿は璋子様によって知ったのです。人が人を愛しく思う事の罪深さを・・・璋子様こそが身を捨てて、義清殿に教えたのです」と慰める堀河局。
「そうか・・・」

ふーん・・・えっ、人が人を愛しく思う事の罪深さ?うーむ、どういうことだろう。ちょっと考えてみよう・・・あれ、もうテーマ音楽にいくの?考える間がないよ〜〜〜。

テーマ音楽。 


続きを読む >>
大河ドラマ 平清盛 第10回 感想

「待賢門院様・・・お救いしとうございます」と言って璋子を抱きしめる佐藤義清。
義清の胸に顔を埋める璋子・・・。

翌朝。

「璋子様。お目覚めの時でござりまするよ」と声をかける堀河局。
その呼びかけに応じず、「長からむ 心も知らず・・・」と堀川が詠い、教清が添削した歌を繰り返す璋子。
璋子の様子に何事かを察した堀河。
その頃、歩みを止め振り返る義清の姿があった・・・。

テーマ音楽。

こちらも見事な演奏ですね。

続きを読む >>
大河ドラマ 平清盛 第9回 感想

サブタイトルは、「ふたりのはみだし者」ってことですが、ふたりって誰と誰だろう???
ひとりは、今回初登場の雅仁親王(後の後白河帝)として、あとひとり・・・義清?璋子?得子?鳥羽院?摂関家三人衆のうちの誰か?、それとも関東の義朝?・・・ある意味皆さん「はみ出し」ちゃっているから(笑)あとひとり、これだって指摘するのが難しいです。清盛?・・・うーむ、清盛さんはすっかり押さえる側になっちゃってたしなぁ・・・。大人になりましたよね、清盛さん(笑)

というわけで「はみだし者」候補が勢揃いした今回、そのパワーに清盛さんの影が薄くなった感じでした。
忠盛父さん、ほぼ隠居状態でちょっと寂しかったですね。ドラマの中での時の流れを感じましたね。

ということで、第9回の粗筋と感想です。

続きを読む >>

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.